Q&A

皆さんからの質問にできる限りお答えします。
下記アドレスまで質問をお送り下さい。
service@mve.biglobe.ne.jp

良くある勘違い
 2cvに使われているヘッドランプバルブ(電球)は、R2タイプ(ヨーロッパ球)といいハロゲン球のH4タイプとはベース部分が異なり合いません。又H4タイプバルブの先を見て下さい。黒くなっていますね。これは直接レンズに光を当てずに反射光のみレンズに当てる方式のためです。これに反してR2タイプは普通の電球と同じで、四方八方に光をばらまきます。同じR2タイプでも、直接レンズに光を当てない様に傘が付いている物もありますが、2cvのヘッドランプは直接光と反射光で照らすタイプなので、ベース部分がR2タイプのハロゲン球を使った方が暗かったり、中心部分に光が集まらないので、ハロゲン球を使わない方が良いでしょう。
 又、消費電力が大きくなると、スイッチが熱で溶けたり、リフレクター(反射鏡)やレンズも熱で痛みやすく、ひどい時にはコード(電線)やヘッドランプコントロールレバーも傷み大変な出費になってしまう場合もあります。
新しいヘッドランプ(反射鏡とレンズ)とR2バルブに交換するのがベストです。
DAC House

最近2cvを購入したのですが、簡単なメンテナンスは自分でする予定です。そこで工具を揃えたいのですが良いアドバイスがあれば教えて下さい。
A メンテナンスは2cvの面白さの重要な部分を占めます。その第一歩として工具は必需品ですね。基本的にはホームセンターで販売されている工具セット(レンチ・スパナ・ラチェット・プライヤー・ドライバー等)からスタートすればOKですが、セットに入っていないサイズの物を買い足すようにしましょう。日常メンテナンスに必要なサイズは、
8・10・11・12・13・14・17・19mm
*11mmがセットに含まれない事が多いのですが、2cvには非常に頻度が高いサイズです
*ドレンプラグは21mmですが薄いボルトなので、ソケットを使う方が確実です
 車載ジャッキは危険なのでガレージジャッキを使用して下さい。安全の為、リジット・輪止めを使用して作業をしましょう
 2cvに欠かせないグリスアップ用にグリスガンがあれば立派な2cvオーナーと言えるのではないでしょうか。
DAr?C House
いつかはヨーロッパをドライブしようと思っています。 シトロエン好きとして、楽しめる旅行を希望してます。 ガイドブックに載ってない、費用を含めたアドバイスを教えて下さい。
A はい、走行累計1万km以上の私が出来る範囲でお答えします。
 ヨーロッパをドライブしようと思えばまずレンタカー。 地方都市をレンタカーで周れば素顔のヨーロッパを満喫でき、意外に安上がりです。 中心部を離れたホテルの方が安く、親切で安全。 ナビゲーターがいればより安上がりで、心強いのですが、現地の地図をドライバーも出来るだけ予習しましょう。 また、出来れば大き目のクルマの方がより安心です、あまり小さいクルマは疲れるし、なめられて不愉快な思いをすることがあるからです。
 費用は、インターネットを使って予約すれば割安で1週間3万円から5万円ほどです。
 又、シトロエン好きの旅行といえばフランス。 フランスといえばパリですが、ポイントを押さえて短期間で楽しみましょう。 意外にパリはシトロエンが少ないし、レンタカーを使った場合駐車場が無いホテルが多いんです。 フランスのホテルの料金は他の国のそれより一般的に安く一泊2千円(パリを除く)から6千円。 都会では朝食をカフェで取った方がベターです(安くて美味しい!)。 今は大抵のホテルがホームページを持っているので、ネットで予約しましょう。 初心者でも安心出来るし、旅行前に最新情報を得る事が出来るし、サービスも良しです。
DAC House
PS:ル・マンの博物館はシトロエンが意外と多く、普段は一般道としてサルテ・サーキットのほとんどを走れます。 お勧めです。 
PS:夏の間は毎週末のようにイベントがあるので、現地のクラブのホームページを研究すべし。

 

 

DemanderLaLuneTop


Copyright(C)2002 2cvService All rights reserved. 17-04-2004 1-11-2002